BPOを導入するメリット・デメリット

BPO(アウトソーシング)をする目的は企業によって様々ですが、目的を明確にしないまま導入してしまうと、「思っていた効果が得られなかった・・・」など、失敗に終わってしまうとういうこともあります。

今回は導入効果を最大限に引き延ばすために知っておくべき、BPOを導入するメリットとデメリットについて詳しくご紹介していきます。


<BPOのメリット>

業務改善

BPOは、業務プロセスの全てを委託することを指します。そのため、導入前に業務フローを見直し、自社でやるべき業務と外部に任せるべき業務を明確にすることで、生産性が向上し、売上向上につながります。

また、専門的な知識やノウハウを持つ外部企業に委託することで、品質向上やリードタイムが短縮するといったメリットも生まれます。



コスト削減

BPOでは、外部企業の人が業務を代行することによって、社員を採用し教育する、という見えないコストまで削減します。また、BPOベンダーの持つ既存の設備を活用することで、設備投資やシステム開発等の初期投資が不要になります。

スポットで発生する業務や、閑散の波が激しい業務を外部に委託することで、今まで固定費としてかかっていたコストを、必要な期間や業務量に合わせた変動費化することも可能です。



経営資源の有効活用

近年、人手不足に悩む企業は非常に増えており、「人手が足りないから外部に委託する」企業は少なくありません。BPOでは、直接売上に関係しないノンコア業務を外部に委託し、自社内では、営業活動や企画といったコア業務に専念することが可能になります。業務フローを見直すことで、人員配置の見直しを行うきっかけとなり、限られた人材を有効的に活用することができます。



<BPOのデメリット>

業務を把握できなくなる

外部企業に自社の業務の運用から管理まで委託した場合、業務のコントロールが失われ、業務全体を把握できなくなる可能性があります。そのため、委託先の管理能力を事前に見極めましょう。また、委託してからは、進捗をしっかり把握するようにする必要があります。


拡張性のある業務・組織編成などには不向き

変化の激しい現代では、業務内容の見直しが常時行われており、使用するソフトウェアもあっという間に変わっていきます。そのため、委託企業がITに強くなければ、変化についていくことができず、失敗に終わるというケースがあります。

また、組織編成が頻繁に行われる企業や、急成長中の企業は、運用方法に大幅な変更が発生するため、BPOの導入は適さないこともあります。


失敗したときインソースが大変

「十分な効果が得られなった」などの理由から、外部に委託した業務をインソース(アウトソーシングしていた業務を再び自社に取り戻すこと)を検討する企業も少なからずいるかと思います。しかし、社内のリソースが確保できなかったり、設備の整備できなかったり...たとえ業務のマニュアルを共有していたとしても、インソース化はとても負担が大きくなる可能性があります。



<まとめ>

以上のようにBPOにはメリットもデメリットも存在しますが、どちらも十分に理解したうえで、明確な目的を持ち正しいステップで導入することで、期待した導入効果を得ることができます。

前回お話ししたように、日本の企業では人材確保が困難になっています。また、ここ最近耳にしない日はない「働き方改革」において、企業は「業務効率化」が求められています。今後は限られた資源を最適に配置して、有効活用していく必要があるでしょう。


次回は、BPO導入までの流れをご紹介します。




★BPOについて詳しく知りたい方はコチラから★

0コメント

  • 1000 / 1000