はじめてのRPA導入!ポイントは?

前々から興味のあった、RPA。

いよいよ、社内も導入に向けて意識が高まっているけれど...

失敗しないためには、どのようなことに気を付けたらよいの?


そんなお悩みをお持ちの方は、多いのではないでしょうか?

今回は、初めてRPAを導入する際に

一般的に気を付けるべきことをお伝えいたします!

はじめてのRPA導入には、

・大きな業務より小さな業務

・何度も行うルーチンワークのようなもの

が最適です。


RPAで自動化する作業には、本格的に開発を始める前にまず、

左クリック、カーソル移動等、

普段全く意識していないような些細な動作までできる限り列挙し、

細かな手順書を作成する工程があります。

導入を進めるRPA担当部署側、運用する現場スタッフ側のどちらも不慣れな状態では、

自動化対象業務の流れを洗い出すことすら困難なことが多く、

慣れないうちから大きな効果を期待しようとしても

複雑な構造や長すぎる開発で苦戦してしまい、

初回導入までに莫大な時間がかかってしまいます。

まずは軽微な業務から検討しましょう。


そして例えどんなに些細な業務だとしても、

導入できれば毎日の繰り返しで削減作業時間は膨大なものとなります。

また、もしまったく同じ業務を各部門で行うような重複を見つけた場合には、

同じロボットをその各部門で流用するだけで、

1度の開発で該当する全ての部門の業務工数が削減できることもあります!

頻度の高い業務に導入ができれば、RPA導入の効果は大きく感じられます。

このような段階を繰り返し、そして組み合わせて応用することで、

徐々に業務全体で、ロボットによる働き方改革を達成することができるのです。



また、初回導入では、

ほとんどの従業員がRPAに触り慣れていないことが想定されます。

RPAに関する教育や研修に積極的に参加し、

業務仕様が変わっても現場主体で変更点を洗い出せるよう、

最低限の知識はあったほうが便利です。

実際に私たちがエラーが出てしまったりした際のお問い合わせを受け保守対応をする際も、

現場でのRPA担当者の方がエラー内容やログ内容を理解できていると、

私たちもスムーズに原因が特定できるので、保守の費用も工数も少なく見積もれることが多いです。

数時間の研修だけで、0からすべてを作れるようになれなくても、

運用する上でのロボットのざっくりとした仕組みが理解できるようになります。

ロボットの得意不得意がわかってくれば、さらなる業務に導入のアイディアが浮かぶかもしれません!

是非、参考書やネットの情報だけに頼るのではなく、

積極的に様々なセミナーに参加し、できる限り継続学習を意識しましょう!




私たち株式会社電算システム(DSK)は、

業務自動化・効率化のプロとして、皆様の働き方改革を応援いたします!

業務選定から保守運用まで、初めてのお客様も手厚くサポートいたします!

是非、お気軽にご相談ください!

0コメント

  • 1000 / 1000


RPAで業務効率化 | 株式会社電算システム(DSK)

株式会社電算システム(DSK)は、業務自動化・効率化のプロとして、皆様の働き方改革のお悩みを解決します! お気軽にご相談ください!