「野良ロボット」ってなに?

皆様は、「野良ロボット」というワードを、聞いたことがありますか?

RPA導入後の問題点として、巷で見かける言葉の一つです。

今回は、

この「野良ロボット」とはどういうものなのか?

どうすればせっかく導入したロボットを、野良化させずに使い続けられるのか?

について考えてみましょう!

「野良ロボット」とは、

RPA導入後に何らかの理由で手に負えなくなり、

その動作を把握できなくなってしまったロボット

のことを指します。

「野良ロボット」が横行すると、

・知らない間にドキュメントが書き換えられている
・正常に動作しているロボットの邪魔をする

など、業務に多大な影響を与える可能性があります。


もちろん、「野良ロボット」が最初から"野良"だったわけではありません。

RPAのロボットは教わったことしか行わないので、

人間が設定を変更しない限り、想定と違う動きをすることはないからです。


しかしRPA導入が進み、複数のロボットを個人や複数の部署で利用している環境では、

・ロボットの中身を変更できる人が沢山いる
・個人端末でロボットを運用していて、各々設定をカスタマイズした
・業務内容の修正に応じてロボットを改良した旨を、後継者やRPA担当部署に共有していなかった

・OSやシステム、RPAツールのバージョンが変わったのに、ロボの動作確認がしっかり行われなかった

・"エラーが出ない=正常"と思い込んで使い続けてしまった

・思ったような導入効果が得られず、適切な停止処理をしないまま放置した

等...

初期の想定と異なる運用方法、もしくは大規模な導入になればなるほど

全てのロボの稼働を管理することは大変になり、

人間の知らないところで作業をし続ける「野良ロボット」

を生んでしまうリスクが高まるのです。



では、どのようにすればロボットの管理をうまく進められるでしょうか。


それには、

統合管理機能を構築

するとよいかもしれません。


統合管理機能とは、

作成したロボットの稼働履歴を一覧で確認できるようにし、

ロボットごとにどのような業務を行ったかを細かく管理できる機能のことです。

イマドキの主要RPAツールは、この統合管理ができるツールを兼ね備えていることが多く、

例えば、私たち株式会社電算システム(DSK)も扱っております、

国産RPAツールとして今もっとも有名なWinActorは、

WinDirectorというオプションツールを併用することで、

WinActorを使って動くロボットの管理が簡単にできるようになります。


既に社内全体に大規模にロボットを導入していると統合管理の導入にも労力がかかりますが、

その段階を乗り越えれば「野良ロボット」に業務を食い散らかされるリスクからは逃れられます。


まずはあらかじめ、RPA導入拡大の前に、

・変更が生じた場合は逐一すべて報告する

 (報告のための共通フォーマットを用意し、都度ログスクリーンショット等で記録)

・変更は勝手に行わず、決められたロボット仕様変更担当者が都度行う

等を徹底するだけでも、

ロボの挙動の管理に必要な労力は減らすことが出来そうですね。

それでも運用に滞りが出るぐらい大規模にRPAを導入できている場合は、

やはり統合管理機能の利用を検討するのが良いでしょう。



せっかく業務の効率を上げたくて導入したRPAに、

管理がうまくいかないせいで業務の邪魔をされないよう、

運用開始後の統合管理ルールをあらかじめ定めておきたいですね!

私たち株式会社電算システム(DSK)は、

皆様のロボットの管理が長い目で見てスムーズに進むよう、

様々な角度から検討し、ご相談を伺います!

是非お問い合わせください!

0コメント

  • 1000 / 1000


RPAで業務効率化 | 株式会社電算システム(DSK)

株式会社電算システム(DSK)は、業務自動化・効率化のプロとして、皆様の働き方改革のお悩みを解決します! お気軽にご相談ください!