RPA専門チームを作る際の注意点は?

これまでこのコラムページで主に、

これからRPAを導入する方向けによくある疑問や注意点をご紹介してきましたが、

その中でも大事なことの一つに、

RPA専門部署を作ること」を挙げました。

今回は、そのRPA専門部署のメンバーの選び方にコツはあるのか掘り下げてみたところ、

3つのポイントが浮かびましたので、皆様にもご紹介します!


それは、

①社内全体で業務自動化を達成する展望が見えている人
②社内のあらゆる業務をRPA化候補として洗い出せる業務知識がある人

③現場の運用担当者が、気軽に質問したり相談したりできる人

が、最低限必要ではないかと考えます。




そもそも、なぜRPA導入・運用には専門部署・担当者の擁立が大切なのかというと、

それは一般的に、

「RPA導入や運用が、何かの片手間に行えるものではないから」

という理由が大きいとされています。(詳しくはこちら↓)

RPAは、確かに業務を効率化し現場の定型業務の負担を軽くすることが目的で導入されますが、

その導入や運用では、専門的にRPAを担当する人たちですら、

・業務の洗い出しや現場の運用担当者への社内セミナー等に追われ、なかなか思うように進まない...
・思ったより難しくて、開発に想定外の時間がかかってしまう...

とよくおっしゃいます。

ましてや、他の仕事も抱えている場合、

余計に回らなくなることが想像できますね。。。


RPA導入で費用対効果をしっかり出すには、

どんどん対象業務を拡大し、RPAと他のソリューションを組み合わせたりもして、

最終的に社内全体であらゆる定型業務の自動化を達成する必要があります。

そしてこれは、すぐに達成できるものではないので、

途中で目的がブレないような工夫が必要です。


そのため専門のRPA担当者は、①②の

長い目で、社内全体に業務自動化を達成する展望が見えていて、
かつあらゆる業務に精通している人

であることが望ましいとされるのです。


さらに、私がもっとも重要だと感じるのは、

③現場の運用担当者が、気軽に質問したり相談したりできる人

であることです。


RPAに限らず、初めて行う仕事に対して十分な教育を受けられないまま

実力以上の結果を求められたら、

難しいロボットを使うより自分でやったほうが楽...今の仕事のペースを崩したくない...

そんなネガティブな印象を与えてしまい、

RPA担当者と現場運用者の温度差ができてしまいます。

逆に、

最初のロボット導入が成功し、実際に現場の負担が軽くなったら、

他の皆さんも、「自分たちの業務もRPAで自動化してほしい!」と思うようになるでしょう。

現場担当者の協力を得られれば、自動化できそうな業務の洗い出しも楽になるので、

RPA導入拡大はスムーズに進みます。

今はパソコン操作に苦手意識がある従業員でも、

どんどんロボットを使って仕事ができるまで教育できると良いでしょう。


このように、RPA導入は、

導入を決定した経営層や、IT部門やパソコン周辺に詳しいメンバーだけが進めるには難しいものです。

また、現場担当者のみで進めることも難しいとされています。

双方に不安がないようコミュニケーションを密に進めることによって、

より実務に寄り添った良いロボットが生まれ、

業務効率化された、高い生産性を持つ企業へと近づきます。


是非RPA導入は長い目で考え、現場運用の視点で導入・運用を進められるチームを作りましょう!




私たち株式会社電算システム(DSK)は、

RPA導入の成功例ももちろん御座いますが、

お客様と一緒に苦労し、それを乗り越えた経験があります。

これからも常に成長し、より良いご提案ができるよう努めてまいります。

是非、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください!

0コメント

  • 1000 / 1000


RPAで業務効率化 | 株式会社電算システム(DSK)

株式会社電算システム(DSK)は、業務自動化・効率化のプロとして、皆様の働き方改革のお悩みを解決します! お気軽にご相談ください!